Λ Takuya71 の日記 Λ

ここに記載の内容は個人的な見解で 勤務先、所属先には関連はございません。最近は scala に はまってます。認定スクラムマスター

chrome で googleにアクセスした時だけ遅い現象

件名の現象ですが、もうずっと半年ぐらい 起こっていたのですが。
原因の特定できたと思う。

現象としては google.com のドメインにアクセスした時だけ 表示に異常に時間がかかるって現象で、 osxchrome でだけ起こってました。 キャッシュのクリアも効果なしで、DNS変えたりしたりとか
いろいろ試してきたわけですが

どうも tweetdeck の拡張機能を オフにしたら スゲー早くなった。 原因は これか?

しばらく 様子見。

追記

どうやら tweetdeck は無実でした。 tweetdeck オフでも事象発生

追記2

原因特定か?
IPv6 の設定が悪いのかもしれない Googleだけ v6 で接続にいってタイムアウトしているように見えるので OSXの設定で IPv6を切ってみた。

方法は
ターミナルから

# sudo networksetup -setv6off Ethernet

追記3

IPv6 も効果ありませんでした。。。。

--ssl-version-max=tls1

chrome の引数として設定して起動すると 改善するという情報がありました。 こちらを指定して起動したところ まだ1日ですが 改善された感があります。 こんどこそ 直ってくれ!

追記4

上の 追記3の設定は うちの環境ではある程度効果がありましたが、TLS脆弱性の問題により TLS1 では受け付けてくれないサイトが多数になり、上の設定をしたままでは 使い物にならない状態となりました。
その後、遅くなる現象は 相変わらず起こっていたのですが我慢しながら使ってました。
そんな時 先日 Chrome で SPDY のサポートをやめるという記事を読んで もしや、
とおもい SPDYをオフにする パラメータを起動スクリプトに追加してみました。
--use-spdy=off
体感的には 今までのどのオプションよりも 効果があったようなスピードアップです。
はやく気がついていれば。。。 また しばらく様子見です。