Λ Takuya71 の日記 Λ

ここに記載の内容は個人的な見解で 勤務先、所属先には関連はございません。最近は scala に はまってます。認定スクラムマスター

Mac OSX Evernote Client のキャッシュの場所を変更

  • 動作は保証されてません。自己責任で。
  • 変更したEvernote Clientは mac osx 版 6.0.5Evernote のサイトよりダウンロードしました。AppStoreからダウンロードしたものではキャッシュの場所を変更した場合 うまく移動先を認識してくれませんでした。

Evernote Client のキャッシュの場所を変更したい。

動機としては、MacBook Pro に機種を変えたことが思い立った動機になります。 MacBook Pro は ハードディスクではなく SSD となっており ハードディスクよりも容量が少ないです。以前は ハードディスクだったので 気にしてなかったのですが Evernote のclient って 取り込みおこなったドキュメントをローカルにも保存しているので取り込み量が多いと ローカルにキャッシュとして蓄えられている量も大きくなります。そして Mac OSX版の場合その場所を変更出来ません。私の場合 3GB ぐらいなのではありますが ScanSnap を導入してから Evernote に蓄積される ドキュメントの数はますます増える一方でもあり クラウドサービスなのに 結局ローカルと同期する必要があるのはどうなのかなとも感じていて Macbook Proに変えた後 しばらくWeb版だけを使っていたのですが 使い勝手は はやり Client版の方がよいので Client版をはやりインストールすることにしました そこで どうにかキャッシュの場所を外付けハードディスクに変更できないかと やってみたところ 結果的に移動した状態で使用できるようになりました。

キャッシュの場所を外付けハードディスクに変更する

キャッシュですが 先人の情報を調べたところ以下のフォルダに格納されているので、このフォルダを外付けハードディスクに移動し 移動先に対して シンボリックリンクを貼ります。

作業は Evernote Client は終了した状態で行います。

/Users/<UserName>/Library/Application Support/com.evernote.Evernote/accounts/www.evernote.com/<AccountNumber>/content
  • UserNameOSXのアカウント名
  • AccountNumberEvernoteのアカウントの番号?

ターミナルで操作します。

# cd /Users/<UserName>/Library/Application Support/com.evernote.Evernote/accounts/www.evernote.com/<AccountNumber>

# mv ./content <外付けHDDへのパス>

# ln -s <外付けHDDへのパス>/content  /Users/<UserName>/Library/Application Support/com.evernote.Evernote/accounts/www.evernote.com/<AccountNumber>/content

注意

  • キャッシュを移動させた先が存在しない状態で Evernote Client を起動すると アプリケーションがエラー終了しました。 外付けハードディスクがスリープしているときは注意です。
  • 最初にも書きましたがAppStore版では なぜかうまくいきませんでした。 Evernoteからダウンロードしたバージョンではうまくできました。
  • 将来のバージョンでもうまくいく保証はありません。場所を変更できる機能が欲しい。